ウィッグをお探しの方はコチラ!厳選6サイト

各社の総合評価早見表

トップ > ウィッグについて > かつらの事をウィッグと言う時代の背景です

かつらの事をウィッグと言う時代の背景です

 男性でも女性でも、髪が薄かったり、少し禿げが出てきたりと言う場合に頭に同じような髪の被りものをすると言うのがかつらと言われたものです。
人はみな、必ずかつらと言う言葉を使っていた時代です。
それが大凡昭和の時代です。
そして、バブルの時代を前後して使われた言葉がウィッグです。
様々な産業が一気に花咲き乱れた時代です。
しかも、様々な言葉が日本を覆い尽くし初めた時代でもあります。
そんな時代からウィッグと言う言葉が使われ始めたと言います。
それは何故かと言えば、つまりはファッションです。
そして産業の発達のための人々の考え出した発想力からになります。
ウィッグとはどういう意味かと言えば、この言葉は英語で、日本語に直すとかつらと言う事になります。
日本は欧米文化を非常にたくさん取り入れ始めています。
つまりはそれがポピュラーでもあり、そしてその言葉が産業に向いているからです。

 ウィッグと言う言葉が産業に向いていると言う考え方は、頭の髪の毛が薄い、そして禿げているからかつらでカバーすると言うのがかつらの最もな使い道であると言うのが一般的です。
けれども、その使い方の範疇を広げてみればどうなるかと言えば、いつしかファッションに使用できると言う事に気づく訳です。
逆転の発想で、自分の髪でアレンジ出来ない部分を別のアイテムでそれを可能にすると言う場合に考えられるのがウィッグです。
しかも自分ではどうする事も出来ないヘアアレンジを何かを使ってそれを完成させたいと言う意味で使用するのがウィッグで。
そのために今やかつらとして使ってはいたのが自然にウィッグと言う言葉の方が使われるようになってきたと言う時代の背景があります。
それが表現力です。
当然ながら、今まで通りに、薄い髪を意識しているから、そして禿げを隠したいと言う目的で使用しています。
それが目的です。

 それ以上にウィッグの使い道と言うのはとにかく範疇が広いです。
今や医療からファッションの分野にまでウィッグは使用されている時代です。
医療の分野では、病気の諸症状で、髪の毛が抜けると言う場合があります。
その状況をフォローするためのアイテムとして使用されています。
その他ではファッションです。
この場合は若きも老いも自分らしさの表現と言う事になります。
当然ですが自分の体質でも髪の毛は違うと言う事になります。
年甲斐もなくスキンヘッドの場合もあれば、かなりの年配で、若く見てもらいたいと言う場合もあります。
ある意味ではアンチエイジングと言う若返りと言う言葉で自分を磨きたいと言う場合があります。
他にも様々ななコスチュームで自分表現をしたいと言う、いろんなアイディアかあり、いろんな想い入れがあります。
その度に役に立つと言うのがウィッグです。

次の記事へ

カテゴリー