ウィッグをお探しの方はコチラ!厳選6サイト

各社の総合評価早見表

トップ > ウィッグについて > 若者からの需要が高まるイマドキのウィッグ

若者からの需要が高まるイマドキのウィッグ

 ウィッグというと、年配の方が髪の薄さをカモフラージュするためのカツラというイメージがあります。
しかし、今10代から30代の人たちも、ウィッグを求めて通販サイトやウィッグ専門店を利用しています。
若い人たちがウィッグを買い求める理由はいったい何でしょうか。
それは、コスプレです。
日本のアニメは世界に通用するほど有名になり、コスプレという文化もさほど白い目で見られなくなりました。
町おこしの一環で、各地でコスプレイベントが開催されているほどです。
しかし、アニメキャラとなると髪の色が黒とは限りません。
緑、青、ピンクなど、地毛ではありえない色をしたキャラクターのほうが多いでしょう。
さすがにコスプレのために髪を染めるとなると仕事などで注意されることもありますし、手入れも大変になります。

 ウィッグは髪色をオーダーメイドで買うことができるため、コスプレイヤーにとっては便利アイテムです。
自分で衣装を作る人ならば、メッシュが入っているなど複雑な髪型でも自分でアレンジ可能です。
また、ショートヘアの人がロングヘアーのキャラクターのコスプレをする際も、エクステをつけるよりはるかに楽です。
遠方のコスプレイベントに参加する場合は、現地で衣装に着替えたりメイクするだけでも大変なものです。
それに髪型までセットするとなると、いくら楽しくても嫌になってしまいます。
その点、ウィッグであれば事前にセットしたものを運ぶだけでよいですし、当日はワンタッチで着用するのみです。
値段も1000円から3000円と手の出せない金額ではありませんし、衣装を用意するついでに準備できます。

 また、アニメキャラクターのコスプレだけにとどまらず、日常のファッションアイテムとしても利用する人が増えています。
原宿系といいましょうか、髪色を明るくしたり、飾り着けるオシャレもでてきています。
しかし社会人となると髪色などの規定が厳しい会社もあり、染めることになかなか踏み込めない人もいるでしょう。
そんなときに、休みの日だけ自分好みのファッションで出歩くためにウィッグを求める人もいます。
自分の好きな格好で街を歩けるのは嬉しいことですし、服と違って簡単に変えづらい髪の毛だからこそ、ウィッグが需要を高めていると考えられます。
SNSなどで自撮りを載せる場合も、ウィッグをかぶってフォトジェニックな一枚を撮るのに一役買うことがあります。
自己表現の場で、ウィッグはひとつの救世主となっています。

次の記事へ

カテゴリー